男性

宣伝目的でオリジナル紙袋を作ろう|デザインや材質にも凝ってみよう

営業用のツール

ウーマン

会社案内は会社の顔です

会社案内は、会社の顔とよく言われます。会社案内を見ることで、その会社についての基本的な情報を知るだけでなく、企業文化や哲学まで見えるからです。しかし、一般的にみられる会社案内は、単に会社の経歴や取扱商品の紹介だけに終わっているケースがほとんどです。営業用のツールとして利用することに主眼を置いているため、売り上げに結びつくように作成されていることも多いようです。会社案内である以上、見る側に会社の特徴を知らせるための情報を記載することは当然ですが、併せて、会社のポリシーや哲学を知ってもらう重要な資料である点も重視すべきです。特に、最近の傾向として、企業が社会とどのように関わっているのか、環境への配慮、子育てや少子化対策、女性の登用など多くの点が企業を評価するうえで重要になりつつあります。

今後作成するさいに注意すべき点

単に企業実績や商品を紹介するためだけに作成された会社案内は、企業の姿勢としてアピールの弱いツールだと判断されるようになってきました。このような観点から、今後、新しい会社案内を作成する際、注意すべき点がいくつか挙げられます。会社案内の作成には、専門の会社に委託することが一般的です。企業側と専門の制作会社が企画から印刷までのすべての工程を共同で進めることで、よりよい会社案内ができあがります。外部の制作会社にも、価格、企画力、制作力、デザイン性などの特徴があります。委託する側が、どの要素に重きを置くか、という点を予めよく考えておく必要があります。文章ばかりでは、読む側にとってつまらないものになります。写真や図表、色使いといったデザイン性をうまく使うことで、より魅力的な会社案内の作成が可能になり、よりよい会社の顔になります。