メンズ

宣伝目的でオリジナル紙袋を作ろう|デザインや材質にも凝ってみよう

注意すべき点

女の人

ダイレクトメールは広告を行う上で非常に有効的な方法ですが、利用する際には注意しなければならないことがあります。中には悪徳業者だと勘違いされてしまうこともあるので注意して利用していきましょう。

宣伝サービス

ハガキ

企業の広告を行う際には、ダイレクトメールを利用してみましょう。ダイレクトメールは、不特定多数の人に広告を行うことが出来るため、より利益を上げることが出来ます。どのようなサービスがあるのか確認しましょう。

有効的な広告ツール

ハガキ

ダイレクトメールについて

ダイレクトメールとは個人や企業などへ直接、広告・宣伝、商品購入の案内状やチラシを郵送することです。呼び名のとおりダイレクトにメール(手紙)を送るシステム(行程)のことで、DMとも言われます。お客様にダイレクトにアピール出来るので販促ツールとしてとても有効的な宣伝手法です。封筒にカタログやチラシ、少量のサンプルなどを同封して郵送するのでそれなりの費用が必要です。はがきタイプのダイレクトメールもありますが広告スペースが小さいので圧着はがきなどで開封するタイプがよく使われます。送付する為には当然ですが、顧客リストが必要です。一度商品を購入された会社からの郵送、カード会社等は利用明細に広告物を同封したりするダイレクトメールが多い傾向です。また、商品を入れるときにオリジナル紙袋を使用することも、宣伝方法として効果的です。デザインが凝っているオリジナル紙袋ですと、目に留まりやすいだけでなく、記憶に残りやすくなります。宣伝方法の一つとして、オリジナル紙袋を製造することをおすすめします。

今後の動向とシステムの進化

10〜15年程前から比べ、ダイレクトメールの郵送は減少しております。その理由としてインターネット普及による商品販売方法の変化、進化です。ネット通販で買い物が便利に出来る時代、パソコンのみならず携帯電話、スマートフォンで注文・決済出来るようになったことがダイレクトメール(郵送物)の減少となっております。パソコン、スマートフォンからの顧客は郵送物から電子メールでの宣伝へと移行します。電子メールと郵送物の両方で宣伝する企業もあります。カタログなどがある大手通販サイト、デパート、ギフトや洋品店など。正確に言えば印刷物のダイレクトメールは減少していますが電子メールでの販促に変わったということでダイレクトメールの減少では無くシステムの進化と言った方が良いでしょう。

営業用のツール

ウーマン

会社案内は、一般の人へ会社についての情報を簡単に教えることができるものなので、慎重に作成する必要があります。売上にも貢献できるようにするため、営業用のツールとして利用しましょう。